3キャリア対応!携帯サイト制作

RSS FEED

rss feed webマーケティング情報などをrss feedにて受信できます。 先着サービスやrss受信者のみのサービス行っています。
The feed address is:
http://02www.com/rss.xml

連絡先

mail
info@officetom.com

HOME携帯サイト制作

携帯サイト制作とは

携帯HPは、現在“最も身近で最も利用されている”情報収集の媒体です。 現在、携帯電話の利用者数は1億人を超え、利用頻度と手軽さもあって、パソコン普及率よりも携帯電話普及率の方が上回っています。

携帯電話の機種により、機能や要領に差はありますが、多方面にわたる技術の躍進により、携帯電話は“小さなパソコン”と言って良いくらい様々な場面で多彩な機能を発揮しています

携帯電話各社も、通信料(パケット代)の値下げや定額制(使い放題)導入などで、益々普及の速度が加速するものと思われます。そこで、従来のパソコン用ホームページに加えて、携帯用のホームページを用意することが、顧客を維持・拡大していく上での大きな 鍵となるのです

office tomの携帯サイトのいいところ

携帯サイトはDoCoMo・SoftBank・auなどのキャリアによって表示や仕様に違いがあります。

また、携帯機種のメーカや世代によっても表示や仕様の違いがあります。 ですので、携帯サイトを制作する際には画面サイズが異なること・画像フォーマットが異なること・携帯特有の絵文字の形式や動画の形式など多岐にわたって考慮する必要があります。

officetomでは、ホームページ制作やWebシステム開発で培ったノウハウにより、NTT DoCoMo、SoftBank、auの携帯3キャリア対応の携帯サイトはもちろんのこと、システムを絡めた携帯サイトの制作も行っています。

携帯電話の限られた表示スペース、表示可能なデータ量、操作性、このような制約を十分に考慮して、シンプルで使いやすい、携帯電話での閲覧に最適なホームページを制作致します。

携帯サイトを制作するメリット

いつでもどこでもアクセス可能!

パソコンは基本的に自宅か会社でしかできませんが、携帯電話はいつでもどこでも使えます。しかも常にユーザーの手元にあるため、移動しながらも情報をチェックすることができます。 お店を探したい。お店までの地図が見たいというユーザーに対して心強い味方となります。

コミュニケーション力の向上

携帯電話でメールをすることが日常となった今日では、電話をかけるよりもメールや掲示板などの、気軽なコミュニケーションの場が活用されます。 気軽にコミュニケーションを取れることで、一方的な情報発信から双方的な情報交換の場となり、ユーザーが何を求めているのかを知ることができます。また、スタッフのモチベーションアップにも繋がります。

宣伝媒体との相乗効果

チラシ・広告にURLを記載してメール会員を募ったり、店舗にQRコードを記載することで、アクセスしたお客様にクーポンを発行するなど、“特別”な企画で相乗効果をもたらすことができます。

リピーター確保

サイトを訪れ、メールアドレスを登録してもらったお客様に対して「旬」な情報をいち早く届けることで、リピーター確保することができます。

お得パック

0円ホームページ制作
小規模サイト向けのサービスです!
0円ショッピングサイト
問屋の紹介もできます!個人向け!
webスターターパック
HP制作など。web戦略はこれでバッチリ!

Warning: require_once(): http:// wrapper is disabled in the server configuration by allow_url_include=0 in /home/officetom/02www.com/public_html/php/side2.php on line 31

Warning: require_once(http://02www.com/rss/rss_fetch.inc): failed to open stream: no suitable wrapper could be found in /home/officetom/02www.com/public_html/php/side2.php on line 31

Fatal error: require_once(): Failed opening required 'http://02www.com/rss/rss_fetch.inc' (include_path='.:/opt/php-5.6.30/data/pear') in /home/officetom/02www.com/public_html/php/side2.php on line 31